エンタメ

田中俊行(オカルト)の呪物や怪談(怖い話)とは?年収(収入)は?【画像】

こんにちはゆこたです。

今回は呪術廻戦で話題の呪物150体と住んでいるという田中俊行さんが『クレイジージャーニー』に出演します!

そんな田中俊行さんですがなんとタイで呪いの物を探し回るそう。。

そこで、オカルト好きな田中俊行さんのの呪物の画像や怖い話(怪談)が気になったので調べて見ました。

ついでに、年収(収入)についても僕と一緒に見ていきましょう。

wikiプロフィールと経歴(学歴)

名前:田中俊行(たなか としゆき)

生年月日:1978年年9月30日

年齢:45歳

出身:兵庫県神戸市灘区

趣味:呪物・怪談(怖い話)

高校:神戸村野工業学校普通科を卒業した

大学:未公開

職業:イラストレーター・デザイナー・怪談師・オカルトコレクター

実家(自宅):兵庫県神戸市灘区でおさかな屋さんをやっている

住所:未公開

スポンサーリンク

オカルト好きな田中俊行の呪物とは?【画像】

オカルト好きな田中俊行のさんが持っている呪物が実家(自宅)に150体もあるそうです。

こちらがその呪物の画像になります。

引用元:instagram
引用元:instagram
引用元:Twitter

田中俊行さんの実家の呪物の数がやばすぎてちょっと怖いです笑

僕はホラー映画とかで人形の呪物に呪われるのを見たことがありますが、呪物に呪われそうで自宅に置くなんて絶対に無理だと思います。

最近ではよくYoutuberで呪物に呪われているとか言って、お寺で保管するという方が結構いるみたいです。

なので、こんなにも田中俊行さんの実家(自宅)に呪物が置いてあるのは本当に凄いと思います。

しかしながら、なぜ田中俊行さんは呪物に興味を持ったのでしょうか?

スポンサーリンク

呪物に興味を持った理由はなぜ?

田中俊行さんが呪物に興味を持った理由はなぜかというと、チャーミーという女の子の人形をもらったことです。

7年ほど前に、今の相棒的存在「チャーミー」を譲り受けてからですね。

女の子の洋人形なんですけど、持ち帰ってからPCが起動しなくなったり、人形の口から米が出てきたり。

それまでの呪物は何も起きなかったんですけど、物に宿るものってあるのかなと興味持ち出して、それからは自ら呪物を集めはじめました。

週プレNEWS

呪物の人形を譲り受けるなんてめっちゃ怖いですよね。

僕も呪物ではないんですけど母親が人形が好きで実家(自宅)が人形だらけで動きそうでめっちゃ怖くて片付けてもらいました。

なので、田中俊行さんが呪物の人形を人から受け取ることが出来るのは凄いと思います。

スポンサーリンク

呪物に興味を持ったものの、最初は怖かった

田中俊行さんは呪物に興味を持ったが最初は怖かったそうなんです。

実際に体験すると怖かったですよ。一昨年の年末は日本人形を手に入れた際に、肺炎になって緊急入院しましたし。

でも麻痺していくし、それより興味のほうが強かったですね。

特に集め始めてから、土着の信仰の神様など呪物に文化的背景があることを知ったんです。

それで世界が広がって呪物集めに加速が着いていきました。

週プレNEWS

呪物の人形を手に入れることによって不可解な現象が発生し、その不思議な現象に興味を持ったみたいですね。

人形を入手したら病気まで発症するなんてやばいと思います。

僕はこういう呪物のような人形はいないですが、人形を実家に置くことで、

人形が動かないか、怖くてつい考えたり、気になったりしてしまうことが多くなった

なので、可愛らしい人形もいますがこういう呪物のような人形を自宅に持つのは本当に怖いんだろうなと思いました。

スポンサーリンク

呪物を手に入れて家族の母親から言われた言葉

田中俊行さんは呪物を手に入れて母親から罵倒を浴びせられたと言います。

インタビューで呪物によって家族に影響はなかったか聞かれたところ、

特になかったんですけど、"御札"のおかげかもしれませんね(笑)。

部屋のドアに「変なもの集めるな!」とか「早く家を出ろ!」とか、母親から罵倒の紙を貼られていたんですよ。

週プレNEWS

たしかに僕が母親の立場だとしたら怖くてつい言ってしまうかもしれませんね笑

自分は呪物ではない人形でさえ怖くて片付けてもらったわけです。

なので、オカルトコレクターである田中俊行さんが母親から罵倒されてもやりたいことを貫いてきたという姿勢には尊敬しました。

スポンサーリンク

オカルトコレクター田中俊行の怪談(怖い話)とは?

引用元:instagram

オカルトコレクター田中俊行の怪談(怖い話)をご紹介します。

引用元:BRUTUS

彼が呪物である藁人形を持ち帰った時に不思議な出来事が起こったそうです。

真冬の深夜3時頃。アパート階下から“カーン、カーン”と釘を打つような音が聞こえた後、念仏を唱える声がした。

窓を開けても下には屋根があるのでよく見えないんですが、向かいの家の住人も外を覗いている様子で。

つまり、霊などではなかった。でも、声がやんだと同時に階下へ下りてみると、誰もいないんです。

腑に落ちませんでしたが、ついでだからと思って缶コーヒーを買いに近くの自販機まで行くと、途中の家の軒先に、肩を落とした無気力状態の年配の女性が立っていて。

こっちを見て「お前のせいだろ!」と言うんです。箱に入っていた人形の呪いが、蓋を開けることで拡散し、ご近所さんに憑依したのかもしれません。

BRUTUS

このように現実の世界を生きていてはありえないような現象が起こるというのは本当に怖いですよね。

皆さんはこれまで人生を生きてきて不思議な現象に出会ったことってありますか?

僕は霊感は本当にないですし、幽霊は見たことがありませんが小さい子供時代の時に不思議な体験をしたことがあるんです。

それは小学生の時に友達と夜に神社の周辺で祭りがあり、参りに行ったんですが友達とおふざけでお地蔵さんの顔を写真で撮りました。

そしたらなぜかわからないんですが撮ったはずの写真がアルバムの中に入っていないんです。

その後何度も写真を撮りますが全く撮れる気配はなく、怖くてその場を去りました。

なので、オカルトコレクター田中俊行さんのような怖い不思議な体験を僕もしたので怖いなと思います。

スポンサーリンク

田中俊行の年収(収入)はどのくらい?

引用元:instagram

結論から言うと田中俊行さんの年収は1000万を超えると推測しました。

しかしながら、年収(収入)がどのくらいあるのかは明らかになっていないようです。

ですが、田中俊行さんは怪談師です。

怪談師とは一体どのようなことをするのでしょうか?

怪談師とは、人々が実際に体験した不思議な話や怖い話=怪談を聞き集め、語りとして編集し舞台や映像などで発表する人のことです。

イーアイデム

怪談師の収入源は、

  • テレビ番組の出演
  • イベントへの出演
  • YouTuberとして動画を投稿する
  • 書籍(本)の出版

田中俊行さんは2023年の11月にテレビ番組に3回出演しています。

テレビ番組に出演料については、

一般芸能人だとしても1本につき20万円程度

ユウメイキャスティング

となるので、1か月に換算すると3回出演しているということで月に60万円だと思います。

年収に換算すれば、テレビ出演だけで年収は720万円ほどになりますね。

また、田中俊行さんは『呪物蒐集録』などの書籍を出版しています。

書籍を執筆している人の平均年収は300万円から400万円です。

小説家としての平均的な収入の目安は、年収300万円~400万円程度となります。

人気作家ともなれば、年収1,000万円以上の収入が見込めますが、実際のところは年収100万円~200万円程度という人も多く、夢だけでは食べていけない厳しい世界ともいえるでしょう。

freelance times

ここまでのテレビ出演料の700万円という年収と書籍の300万円から400万円の年収を合わせます。

そうすると、怪談師である田中俊行さんの年収は1000万を超えるのではと推測しました。

スポンサーリンク

田中俊行(オカルト)の呪物や怪談(怖い話)まとめ

最後に今回の記事についてまとめると、

まとめ

オカルト好きな田中俊行の呪物とは?【画像】

呪物が実家(自宅)に150体もある

呪物の画像(リンクから呪物が見れます)

オカルトコレクター田中俊行の怪談(怖い話)とは?

怪談(リンクから怖い話が見れます)

田中俊行の年収(収入)はどのくらい?

・年収については明らかになっていないが、テレビ出演料や書籍の執筆をなどを合わせると年収は1000万を超えると推測

ということでした!

今後の田中俊行さんの活躍にまだまだ期待が出来そうです。

最後まで見て頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-エンタメ

error: Content is protected !!