エンタメ

タサン志麻さん(伝説の家政婦)が移住した新居の自宅「古民家」の場所はどこ?引っ越しを決めたきっかけは?

こんにちはゆこたです。

伝説の家政婦と話題になっているタサン志麻さん。

そんな彼女は築120年の古民家を改装するそうなんです。

そこで、タサン志麻さんが移住した新居の自宅の場所がどこなのか気になったので調べてみました。

さっそく、僕と一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

タサン志麻さんが移住した新居の自宅「古民家」の場所はどこ?

結論から言うと、移住した自宅は千葉県であることが分かっています。

タサン志麻さん2023年に古民家の新居を買いました

こちらがその画像になります。

写真を見てみると、とても古風な家ですよね。

そこで、

新居の古民家の場所はどこなんだろう?

せのは

このように気になる方がいるでしょう。

ですが、移住した自宅の場所がどこなのか詳細については明らかになっていないようです。

分かっている情報としては、

今は、築100年を超える古民家を、業者の方と協力しながらリノベーション中。現在の家は、完成まで仮住まいするんだとか。

ESSE online

実際は築120年を超えているだそう。

業者の方と修復中ということで、企業の名前を調べてみます。

ここから、有限会社の「大五郎建設」が古民家調査を行ったことが判明しました。

この企業は伝統的な宮大工の技術を今に伝える会社なんだそう。

写真をよく見てみると、

千葉県K市タサン志麻様邸

と書いてありますね。

K市ってどこなの?

ゆこた

そこの詳細については次の見出しで紹介していきます。

スポンサーリンク

自宅の場所は千葉県にあるK市?

自宅の場所は千葉県の勝浦市なのではと推測します。

タサン志麻さんが住んでいる古民家は自然豊かで緑がいっぱいある町です。

千葉県のK市に当てはまるのは、

鴨川市かもがわし

君津市きみつし

鋸南町きょなんまち

神崎町こうざきまち

勝浦市かつうらし

木更津市きさらづし

僕的にはこの中でタサン志麻さんが住んでいる自宅は勝浦市なのではないかと推測します。

なぜなら、畑がたくさんあるからなんです。

志麻さんは最近古民家を改装するそうですが、畑を持っていることが分かりました。

こちらは模型です。

こう見ると、自然がとても豊かだということが分かると思います。

なので、タサン志麻さんが移住した新居の自宅は千葉県にある勝浦市だと考えました。

スポンサーリンク

タサン志麻さんはなぜ新居の自宅「古民家」を選んだ?

タサン志麻さんが古民家を新居の自宅にすることに決めた理由としては、

古民家を選んだ理由

①:アンティーク小物がそのまんま残されている

②:囲炉裏や高い天井と梁、縁側がある

③:石で造られた流し台があること

なんだそうです。

志麻さんがこの古民家を選んだ理由は、アンティーク小物がそのまま残されていること、囲炉裏や高い天井と梁、縁側があること、志麻さんの主戦場であるキッチンに今や珍しい石造りの流し台があることだった。

TVでた蔵

僕がもし新居を買うとしたら自然豊かなところは素敵ですが買いづらいかなと思いますね笑

だって、自分は森に囲まれたところに住んでいるんですけど虫がたくさん出るんですよ。

特に夏は蚊に刺されたりとか本当に大変です。

でも、静かな町だからとても暮らしやすいのでそこはメリットかなと思ってます。

スポンサーリンク

タサン志麻さんが新居の自宅に引っ越しをしたきっかけ

タサン志麻さんが新居に引っ越しする決め手となったのは、

引っ越しの理由

①:元々住んでいた家の取り壊しが決まった

②:夢だった田舎暮らしをしたかった

③:近所の温かさ

④:子供たちの笑ってる姿

なんだそうですよ。

「直接のきっかけは、これまで住んでいた家の取り壊しが決まったから。『それなら思い切って、夢だった田舎暮らしを!』と決心し、家族でさまざまな土地を訪ね、この場所を見つけたのです。決め手となったのは、近所の方々の温かさ。そして、駆け回る子どもたちの笑顔でした」

ESSE online

僕も都会から田舎に移住した時に公園で子供が楽しそうに駆け回ったりして遊んでいる光景を見たことがありますが、ほっこりしましたね。

しかしながら、タサン志麻さんは新居に移住した時、最初はとても大変だったそうです。

とにかく古い家なので、土台の状態を調べたり、いらないものを片づけたりなど、新しく建てるよりもずっと大変だけれど、その手間すら楽しみながら、つくっていきたいです」

ESS online

手間すら楽しめるなんて本当に凄いと思います。

今はすっかり住むのに馴染んだと語っていましたよ。

スポンサーリンク

新居の自宅が古民家って大丈夫なの?

タサン志麻さん住んでいる新居の自宅が古民家というのは果たして大丈夫なのか気になりますよね。

僕はきちんとメンテナンスをしたりすれば問題はないと感じます。

こちらが志麻さんのキッチン画像になります。

めっちゃボロボロで古いですよね。

古民家のデメリットとしては以下が挙げられます。

虫が出やすくなったり、シロアリなどの被害を受けやすい。

夏は涼しいが、冬は寒い。

2階建ての場合は、階段が急になっていることがある。

こう見ると、古民家で住むのは難しいだろうなと感じてしまいます。

一方でメリットもあるんですよ。

購入するのにかかるお金や賃貸費用は比較的安く抑えられる

ゆとりのある空間を自由に使うことが可能

自然の暮らしを堪能できる

都会からゆったり暮らしていきたい人には最高だと思います。

タサン志麻さんは夢が田舎に住むことだったので、このような環境を選択したのでしょう。

今はこんな感じなんですが、後々改装を行って綺麗にするそうですよ。

スポンサーリンク

タサン志麻さん(伝説の家政婦)が移住した新居の自宅 まとめ

最後に今回の記事についてまとめます。

まとめ

タサン志麻さんが移住した新居の自宅「古民家」の場所はどこ?

・自然が豊かな都市ということを考えると、千葉県の勝浦市と推測した。

なぜ新居の自宅「古民家」を選んだ?

①:アンティーク小物がそのまんま残されている

②:囲炉裏や高い天井と梁、縁側がある

③:石で造られた流し台があること

引っ越しをしたきっかけ

①:元々住んでいた家の取り壊しが決まった

②:夢だった田舎暮らしをしたかった

③:近所の温かさ

④:子供たちの笑ってる姿

新居の自宅が古民家って大丈夫なの?

メンテナンスをしたりすれば問題はない

ということでした。

今後の伝説の家政婦と言われているタサン志麻さんの活躍っぷりにはまだまだ期待できそうですね!

最後まで見てくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-エンタメ

error: Content is protected !!